【デスク環境】夢の5K2K! LG 40WP95C-W エルゴトロンLXは重量OK!

皆様 こんにちは、こんばんは。

のちゃん(@nochan30club)です。

 

超ウルトラハイパーデラックスお久です。

今年の2月頭から更新してなかったです。

今回もデスク環境更新の記事になります。

 

いままでのデスク環境のディスプレイは

Surfece laptop3の画面+FHD液晶。

写真で見るとこんな感じでした。

 

 

メインはSurfeceの画面でサブがFHDです。

ゲームをしないのにゲーミングモニタw

しかも240Hzちゃんと出るやつです。

 

ですが今回は進化しました!

ついにアテチ…。

 

ウルトラワイドディスプレイ買っちゃった!!!!

 

5K2Kウルトラワイドディスプレイ

LG 40WP95C-W 39.7インチ!

ロマンある超ワイドなディスプレイ!

 

エレコムのディスプレイアームは

お役御免になってしまいました。

いままでありがとう!

 

今回の主役です。

当ページは、5K2Kウルトラワイドモニターのレビューになります。

具体的な型番は LG 40WP95C-W です。
また、ディスプレイアームで一番有名だと思われる エルゴトロンLXが問題なく使えるか気になる方にオススメな記事になっています。

当サイトの商品リンクはAmazonアソシエイト・プログラムを利用しています。 どういうことか?というとこのリンクで購入していただいた場合、のちゃんにチャリンチャリンと報酬がもらえます。 報酬があると大変励みになりますので、よろしくお願いいたします。

 

40WP95C-W 39.7インチ 5K2Kウルトラワイド

 

うぉおおおおおお!!!画面でけええw

当然ですが、めちゃくちゃサイズが大きく

横浜ヨドバシから持って帰るのは大変でした。

海老名から家まではタクシーを使いましたw

 

設置したあとは幸せになりましたw

 

余談ですが、後でバータイプスピーカー

Razer Leviathan V2を設置したので

最終形態はこんな感じです。

あまりケーブルが見えないようにしてます!

これは結構頑張りました。

40WP95C-W サイズ感から設置まで

なんだか、ピンと来ないかもしれません。

 

のちゃん's PCデスクサイズです。

幅 182cm奥行き80 厚み2cm 高さ74cm

 

箱サイズで110センチくらいありましたw

これで、なんとなーくどれだけ大きいか

理解していただけましたかw?

 

そうです、でかいんですよw

しかも重たかった…。

 

いざ開封!

表側はディスプレイがはいっていました。

もちろんこれは発泡スチロールの蓋を

外してディスプレイを見える状態にしてますw

ほんのりとカーブしていますね!

蓋の発泡スチロールもカーブしていました。

 

こっちは背面側から開けました。

ディスプレイのスタンドと付属品。

まぁ付属品は全部ケーブル類でした。

Thunderboltケーブルは嬉しい!

詳しいスペックなどは後述します。

40WP95C-W と エルゴトロンLXの接続

今回の40WP95C-Wのために

アマゾンセールでエルゴトロンLX

購入していました!

 

 

公表スペック的にはスタンドなしの

40WP95C-Wが10.9kgとあり

エルゴトロンLXが11.9kgまで

となっていたのでギリギリセーフ…。

 

っていっても、ギリギリだと心配です。

なんて言ったって20万円のディスプレイ

画面が割れた!なんてことになったら

のちゃんの心も割れてしまいます…。

 

でもやってみましょうか。

40WP95C-W と エルゴトロンLXをVESAで固定する。

箱の裏面から開封!何も考えずに

後ろから開けましたが正解でしたw

画面を保護するカバーからだしたら

VESAマウンタ側でした!ラッキー!

 

画像はVESA の10×10にアーム部分を

固定させたところの写真です。

 

注意この段階で重量調整する。

 

のちゃんは何も考えずに支柱にセット!

 

これが失敗でした…。

 

この40WP95C-Wの重さは10.9kg

エルゴトロンLXギリギリセーフの重さ。

よって、初期状態のリフト強度のまま

手を話すとアームが重さに負け、下がります。

 

多分、ほとんど自由落下の勢いでした。

 

やっぱりな…。と思いウェイトの調節を…

と思ったところで事件発生しました。

 

画像の通り、ディスプレイを持ち上げて

付属のレンチで回すのですが…。

 

約11キロのディスプレイを片手持って

こんなの回すの無理ゲーでしたw

 

なので、支柱から外そうと思ったら

今度は支柱からアーム部分を外せないw

 

しかたないので、結構高さのある箱で

画面が割れないようにゆっくり置いて

高さを作った状態でウェイト調整しました。

 

結構締めたとおもいます。

 

でも締め過ぎると破損するらしいです。

まぁ20万円壊すよりましなので

この写真の段階でアームを押して

調節したほうが絶対に良いです!

 

40WP95C-W エルゴトロンLXで問題なし!

リフトアップの調節には苦労したものの

やはり、40WP95C-Wの本体重量的に

エルゴトロンLXは問題なく使えました。

 

インターフェイス

 

-LG公式サイトから引用-

 

実は40WP95C-Wのインターフェイスは

それほど多くありません。下記の通り。

端子類を上から紹介

  • USB Type-C (Thunderbolt4)
  • 出力用 Thunderbolt4
  • DisplayPort
  • HDMI×2
  • USB3.0×2(左側)

対抗馬のDELLの5K2Kウルトラワイドは

インターフェイスがとても豊富です。

 

入力 Thunderbolt 3 DP HDMI×2

出力 イヤホンジャック USB type-A×3

イーサネットポート(LANケーブル)

※USB TypeBのupstream接続が必要になります。

 

40WP95C-W は最強のTB4がついてる。

おそらくですが、いろいろつけるよりも

Thunderbolt4のつよつよの端子をつけたから

あとは自由に使ってくださいな。

ってことなんだと思います。

おすすめのThunderbolt4ハブ

先程説明した通り、Thunderbolt4の

最強転送の端子がついています。

おすすめのステーションを紹介します。

 

CalDigit TS4

Mac book ユーザー御用達!

 

Anker PowerExpand

みんな大好きAnker!

 

Razer Thunderbolt 4 Dock

中二病を極めるならRazer!

 

おまけ U4021QWと40WP95C-W 違い

 

大きな違いはこの2つです。

LG DELL
インターフェイス Thunderbolt4 いろいろ
リフレッシュレート ※75Hz 60Hz

※HDMI2.1ではないのでPS5を繋いで遊ぶ場合はリフレッシュレートが60Hzになります。よってPS5にはあまりオススメできないかもしれません。

 

のちゃんは、いろいろあるよりも

最強のThunderbolt 4のポートで

自由にカスタマイズしたいので

LGの40WP95C-Wを買いました。

画面分割のOn Screen Control設定

このアプリをダウンロードするのが

とっても大変でした!

 

LGの公式サイトで型番を検索しても

アプリのダウンロードリンクへ

たどり着かないからです。

 

 

LGの公式サイトからダウンロードします。

https://www.lg.com/jp/support/software-firmware

製品の型番、またはモデル名の箇所に

34WQ650-W.AJL で検索すると

 

Onscreen Controlがダウンロードできます。

型番が違っても、ちゃんとインストールと

画面分割は出来ていますので、ご安心を!

鮮やか設定が一番好き!

これは画面の色合の好みですが

のちゃんは鮮やかが良かったです。

 

本体下のポッチを押してメニュー表示

設定→画質→ピクチャーモード→鮮やか

一気にIPSパネルの良さが際立ちました!

買ってよかった!

最後にまとめですが結論として

LGの5K2Kウルトラワイドモニタを

買ってよかったと思っています。

 

それと、エルゴトロンLXでも

問題なく40WP95C-Wを

支えることができました!

 

ブロガーの方や動画編集をする方

Mac Bookを使っている方は

本当にオススメです!

 

 

以上、のちゃん(@nochan30club)でした。

また見てくださいね!

 

おすすめの記事