Surface Laptop3 を購入!Macbook Proとの違いは?

皆様 こんにちは、こんばんは。

のちゃん(@nochan30club)です。

 

今回、アテシはSurface Laptop3を購入!

 

2019年10月23日に発売した Surface Laptop3

Macbook Pro のスナイパー製品として登場。

話題性があるので、欲しい!と思う方。

Surface Laptop3が気になると思う方!

 

よかったら読んでくださいね!

Surface Laptop3 とは?

-Microsoftの公式ページから引用しました-

Surface Laptop3 とは、Windowsでおなじみ

Microsoft社から発売している

ビジネス向けのノートパソコンです。

 

Apple社のMacbookProの対抗馬として

現在注目を集めているノートパソコン。

 

デザインは両社とも非常に「スタイリッシュ」

見た目もかなり意識して作られていますね。

サイズ展開は13.5インチと15インチの2種類 3 : 2の画面比。

ほとんどのノートパソコンも画面の比率が16 : 9です。

Surface Laptop3は 3 : 2とスクエアタイプ画面です。

解像度は非常に細かな「2496 × 1664」の高解像度。

 

現在のディスプレイは画面比率16 : 9が主流であり

スクエアタイプの画面は懐かしい感じがします。

そして、少し違った感覚がありました!

 

しかし1日たてば、見慣れますので問題は無かったです。

それどころか、Wordpressで記事を書くときは便利です。

この時点で買ってよかったと思っています。

対抗馬Macbook Proとの大きな違いは?

-Appleの公式ページから引用しました-

Macbook Proを持っていませんが

大きな違いは下記の3つになるかと。

  • 画面タッチ操作が可能。
  • Touch Barがない。
  • OSが違う。

 

特に差別化が図られているところは

Surfaceは画面タッチ機能に対して

Macbook ProはTouch Barである。

 

画面タッチ機能なんて、いらなーい。

なんて思っていたら、結構便利でした。

 

ごろ寝しながらyoutubeを見たりするとき

画面タッチ機能は非常に便利でした。

 

Touch Barの機能を使ったことはありませんが

見た目はTouch Barがカッコいいと思います。

用途は「タッチするだけでランチャ起動可能」

役目が違いますが、クリエイター便利な機能です。

 

両社の外観は端子やロゴを除けばほぼ同じ…。

非常にスタイリッシュで、かなり似ています。

画面タッチできる機能は便利?それとも要らない?

-Microsoft公式サイトから引用しました-

先ほど書いた、この機能…。

正直言えば要らないのではないか?

そう思っていましたが、結構便利でした。

 

アテシの使用用途は下記の通り…。

  • WordPressで記事を書く。
  • インターネットサーフフィン
  • Officeソフトを使う。
  • ごろ寝でyoutube閲覧。

 

ポイントなるのは以下の部分です。

キーボード&マウスを外付け使っている。

その間は基本的には画面には触りません。

 

じゃあ、画面タッチ機能要らないのでは?

そう思ったわけなのですがそうでもなく。

 

ごろ寝して動画を見るときは便利!

 

つまりマウスやキーボードを必要としない

ミニマルなユーザーからは大変便利です。

 

Microsoft社がSurfaceを開発する際

ビジネスマン向けに行ったアンケートの

結果から画面タッチ機能を搭載したそうです。

 

つまりビジネスマンからすると

画面タッチ操作は待望の機能だったのでしょう。

プレゼンテーションの時に効果を発揮しそうです。

画面タッチをよく使いそうな方は?

ブロガーなどマウスやキーボードを酷使する…。

そんなユーザーには画面タッチ機能は不要かも?

 

言い換えれば以下のような方は便利な機能です。

  • マウスもキーボードも外付けで使わない。
  • ごろ寝しながら動画を見るアテシのようなモノグサ。
  • ノマドワーカーさんやアドレスフリーで持ち運びが多い。
  • スタイリッシュなプレゼンをしたい。

 

上記のような方はとても便利だとおもいました。

 

仕事をしていた時の話になりますが

プレゼン時のマウスポインターの動き…。

実はこれ、めちゃくちゃ目立ちます。

 

人間の心理的に、動くものを目で追います。

なので非常に大切なポイントの説明時に

マウスの動きのほうが印象強かった!

なんてことになったら大変ですよね?

 

余計な動きがないということは

プレゼンを受ける側も集中できます。

これは、とても良いことだと思います!

MacbookのTouch Barは便利か?

Macbookを持っていないので、完全に憶測です。

Touch Barも画面タッチ機能と同じように考えれば

マウスとキーボードを外付けで使う方には

あまり恩恵を感じないのでは?と思いました。

 

通常はノートパソコンで外部キーボードを使う方は

そこまで多いとは思いませんが、マウスに関しては

比較的外付けで使う方が多いと思われます。

 

  • わざわざマウスから手を離して画面をタッチ。
  • わざわざマウスから手を離してTouch Barから起動。

 

外付けでマウスとキーボードを使ってる場合は

まず、そのような動作を殆どしません。

 

Touch Barをよく使う人は

  • マウスやMagic padを使わない。
  • 見た目を非常にオシャレにしたい。
  • ランチャー機能をたくさん必要とする。

こんな方はMacbookが便利でしょう。

Surface Laptop3とMacbook Proの大きな違いまとめ。

2社の外観部分の大きな違いをまとめてみました。

簡単ですが、外観からこのように分析しました。

Surface Laptop 3 Macbook Pro
外観  スタイリッシュ スタイリッシュ
画面タッチ機能 〇 プレゼン時に美しい。 ×
Touch Bar機能 × 〇 ランチャーでワンタッチ起動。
どちらかというと? ビジネスマン向け クリエイター向け

動画編集などの処理をする場合は相変わらず

SurfaceよりもMacbookProがよいと思います。

あくまでもSurface Laptop3はビジネスマン向けです。

 

新しくSurface Laptop3が販売したために

新しいパソコンを買う選択肢増えて悩んでいる…。

 

そんな方の指標の一つとしては

「動画編集をする・しない」です。

 

動画編集をする予定があるならMacbook

 

オフィスマンやブロガーはSurfaceです。

 

なので、利用用途に合わせて要検討ですね。

いかがでしたか?

今回はApple社のMacbookProへの対抗馬

Surface laptop 3を簡単に比較してみました。

 

どちらを買うか悩んでいる方

Surfaceに興味はあるけど

購入までに一歩踏み出せない…。

そんな方のお役に立てれば幸いです。

 

次回は使った感想などを書いていきたいと思います。

以上 のちゃん(@nochan30club)でした。また見てくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事