【AGA治療】5α(アルファ)リダクターゼ!AGAは頭髪のシロアリ。

皆様 こんにちは、こんばんは。

のちゃん(@nochan30club)です。

 

前回は、発毛剤のフォリックスについて

記事をかきましたが、今回は育毛剤の話で

主に、5α(アルファ)リダクターゼについてです。

 

今回は5アルファリダクターゼの話。

・5αリダクターゼ

・5アルファリダクターゼ還元酵素

という書かれ方をしますが同じです。

 

AGA治療といえば必ず出てくるのが

5α(アルファ)リダクターゼです。

どのサイトを見ても、結構難しい内容が

書いてあるのですが、わかりにくいので

 

身近なもので例えます。

 

AGA治療を行うためには、どんな場合でも

5α(アルファ)リダクターゼを理解するのが

AGA治療への近道ということになります。

よかったら見ていって下さいね!

 

5α(アルファ)リダクターゼはシロアリの卵に似たようなもの。

そもそもAGAでハゲる原因というのは

正確に言うのであれば…。

 

5α(アルファ)リダクターゼではありません。

 

AGAというのは非常に噛み砕いて言うと

 

シロアリに蝕まれた家

 

みたいなものです。

これは、当記事のタイトル通りです。

 

今回のメインである5αリアダクターゼ

シロアリの卵みたいなものです。

シロアリ本体ではありません。

 

「卵みたいなもの」と説明していますが

これはイメージとして捉えやすいので

便宜上「卵みたいなもの」としています。

 

オオサカ堂リンクです。→5500円で100日間のAGA治療!

 

 

 

 

5α(アルファ)リダクターゼは2種類ある。

5α(アルファ)リダクターゼというのは

クセモノで、2種類存在しています。

 

どちらもシロアリの卵とおなじですが

住む場所と多少性質が違います。

 

特に知っておいてほしいのは

Ⅱ型の5α(アルファ)リダクターゼです。

 

1型5α(アルファ)リダクターゼ

1型の5αリダクターゼは毛穴全体に

存在しており、当然髪の毛にもあります。

 

頭が脂っぽい!という方は

Ⅰ型の5α(アルファ)リダクターゼ

悪さをしている可能性があります。

 

薄毛な上に全体的に脂っぽい…。

という方はⅠ型も視野に入れて

AGA治療をする事になります。

 

治療薬については後述します。

 

Ⅱ型5α(アルファ)リダクターゼ

 

主にAGAというのはⅡ型が原因です。

このⅡ型のシロアリの卵こそが

薄毛の原因といわれています。

 

Ⅱ型5α(アルファ)リダクターゼ

抑制することによって薄毛や抜け毛が

治療できる可能性が高いと言えます。

 

実際殆どのクリニックで処方されるのが

フィナステリドという医薬品となり

合わせてミノキシジルを処方します。

 

アテシが飲んでいるのは、このⅡ型を

抑制するための薬とミノキシジルを

服用してAGAを治療しました。

 

オオサカ堂リンクです。→5500円で100日間のAGA治療!

 

 

 

 

どうしてシロアリの卵のようなモノなのか。

気になった方がいるかも知れません。

なぜ「シロアリ」ではなく「卵のような」

という表現なのでしょうか?

これについて少し掘り下げて解説します。

 

5α(アルファ)リダクターゼ+男性ホルモンで初めてシロアリに!

実はAGAの直接の原因は

5α(アルファ)リダクターゼ

ではないと最初に書きました。

 

そして5α(アルファ)リダクターゼを

シロアリの卵のようなモノと表現。

 

実は薄毛やハゲの原因というのは

DHT(ジヒドロテストステロン)という

男性ホルモンが変化したものです。

 

シロアリの正体はDHTになります。

 

数学的に説明するなら

男性ホルモン(テストステロン) + 5α(アルファ)リダクターゼ = DHT

ということになります。

 

なので、たまにテストステロンが多いと

ハゲるという情報をよくみるのですが

正確に言えばこれは間違いになります。

 

DHTというのは超強力な男性ホルモン。

先程、DHTはシロアリ本体と言いました。

DHTは強力な男性ホルモンです。

これだけ書くとDHTは髪の毛には

悪者ですが有用なこともあります。

 

詳しくはnoteに書いています。

THE DEKARAMAをどうぞ。

 

 

このページではDHTに申し訳ないですが

とことん悪モノになってもらいましょうw

 

AGA治療は5α(アルファ)リダクターゼを抑制する方法。

 

男性ホルモン(テストステロン) + 5α(アルファ)リダクターゼ = DHT

 

という式を先程書きました。

つまり、この2つをくっつけない

または無くしてしまえば良いのです。

 

AGA治療というのは薬のちからで

5α(アルファ)リダクターゼを消して

DHTを作らないようにします。

 

AGAをシロアリに蝕まれた家

という表現を詳しく表すと

 

DHT ⇒ シロアリ

髪の毛 ⇒ 家の柱などの木

 

ということになります。

 

フォリックスの記事でも書いたのですが

ミノキシジル ⇒ 柱の補強

フィナステリド&デュタステリド ⇒ シロアリ駆除

ということになります。

 

シロアリに蝕まれた家を修復するには

シロアリを駆除が何よりも最優先。

そのあとに柱を修復という流れです。

 

AGA治療でも同じことが言えます。

・DHTを発生を抑え、抜け毛薄毛を減らす。

・抜け毛薄毛を減らして新しい毛を作る。

という方法が最も効果的です。

 

 

さて、男性ホルモンを抑制してしまうと

ホルモンバランスがおかしくなる為

テストステロンの抑制は出来ません。

 

そして、少し話をもどしますが

5α(アルファ)リダクターゼは

Ⅰ型とⅡ型があると書きました。

それぞれの抑制方法は薬が違います。

Ⅱ型の5α(アルファ)リダクターゼを抑制する医薬品

 

主にAGA治療で抑制するのは

Ⅱ型の5α(アルファ)リダクターゼです。

8割のAGA治療がこの方法になっており

アテシが現在服用している薬です。

 

オオサカ堂リンクです。→5500円で100日間のAGA治療!

 

 

 

 

Ⅱ型5α(アルファ)リダクターゼの抑制を

可能にする薬はフィナステリド成分です。

プロペシアという名前で有名です。

 

ところがアテシはクリニックへ行く

予算が恥ずかしいことにありません…。

 

なので個人輸入でジェネリックである

「フィナロイドとミノキシジル」

購入してAGAを治療しているわけです。

 

Ⅰ型の5α(アルファ)リダクターゼを抑制する薬

 

Ⅰ型の5α(アルファ)リダクターゼを抑制は

デュタステリドという成分になります。

 

正確に言えばデュタステリドの成分は

Ⅰ型とⅡ型の5α(アルファ)リダクターゼ

つまり両方を抑制することができます。

 

予算が有る方はこちらでも問題ないです。

 

 

 

オオサカ堂リンクです。⇒画像クリックでAGA治療を開始する。

 

ただし、セット売りが無いので割高。

フィナロイド+ミノキシジルは100日で

大体5500円で治療が開始できるのですが

デュタステリド+ミノキシジルのセットは

 

3ヶ月で約10000円というお金がかかります。

 

その代わり効果が高いと言われています。

※具体的に言えばフィナステリドの30%増しで

AGA治療の効果があるといわれいわれています。

https://www.josaiclinic-fukuoka.com/column/1889

福岡Dクリニック様から引用させていただきました。

 

5α(アルファ)リダクターゼを抑制した際の副作用は?

やはり医薬品を服用するという以上

副作用も説明しなくてはなりません。

 

5α(アルファ)リダクターゼ抑制の

主な副作用は下記の通りです。

勃起しにくくなる。

 

勃起しにくくなるという副作用は

眉唾ものといわれている部分があり

ダブルブラインドテストの偽薬でも

 

同じ効果が同じ割合で現れた。

 

という結果が出ているからです。

したがって実は関係ないのでは?

と最近では言われていますが本薬でも

副作用が出ていることも事実です。

 

肝臓に負担がかかる。

 

これは、薬を飲むと肝臓に負担がかかります。

しかし、5α(アルファ)リダクターゼ抑制の

薬に関しては持続効果が長いために肝臓の

負担が他の薬よりも大きいので注意です。

 

肝臓の負担を少しでも軽くするためには

シリマリンが非常に効果的です。

一応リンクを貼っておきます。

 

⇒シリマリンのリンク。

 

5α(アルファ)リダクターゼの抑制薬の取り扱い注意!

副作用の他にも注意することがあります。

フィナステリドとデュタステリド共に

取り扱いに注意してほしいことがあります。

以下の2つは絶対に守って下さい。

女性には触らせない飲ませない。

5α(アルファ)リダクターゼ抑制薬

(フィナステリドとデュタステリド)

共に皮膚からも吸収される物質です。

 

男性ホルモンに影響のある物質なので

女性が触れると胎児に良くないことが

起きる可能性があるといわれています。

 

触れない!飲ませない!

を徹底して下さい!

 

献血ができなくなる。

 

フィナステリドやデュタステリドは

肝臓で吸収して血中で流れていきます。

つまり服用すると成分が血中にあるため

献血は絶対にしないようにしてください。

 

成分が含まれた血液を女性が輸血した場合

女性や胎児に悪影響を及ぼす可能性があり。

絶対に絶対に絶対にやめてください!

 

サプリメントや天然成分に有効な文献は無い。

 

これはuntiagaの記事でも書きましたが

・亜鉛やノコギリヤシがAGAに効果的!

・とある成分がミノキシジルの15倍!

とかいわれていますが個人的には

 

絶対に買うことをおすすめしません。

 

本音を言えばアフィリエイト報酬が

非常に高いので紹介したいのですが

ハッキリ言って海外の文献を読むと

効果がないといわれている成分です。

 

嘘は書けません。

 

いや、ひょっとしたら人によって

効果があるかもしれませんよ?

 

しかし、調べればすぐわかりますが

英語の文献でボロクソ書かれています。

それでも信じるかどうかはおまかせ。

 

リンクを貼りますが翻訳は各自で…!

特に一番AGA治療に騒がれるのが

・ノコギリヤシ

ですが、ボロくそ書かれています。

 

⇒文献のリンク

 

まぁそれでも最近はyoutubeの広告で

チャップアップの宣伝が流れていますね。

…これ以上言いませんが察して下さい。

本当はアフィリンク貼りたいですよ。

 

報酬めちゃくちゃ高いもん…。

 

ところで、

フィナステリドと検索すると

フィナステリド通販.club

というサイトでてくるのですが

 

フォリックスと同じように

オオサカ堂のリンク先があるだけで

同じようなものでした…。

一体、なんなんでしょう(汗)

5α(アルファ)リダクターゼのまとめ

 

AGAは平たく言いかえると

シロアリに蝕まれた家です。

 

5α(アルファ)リダクターゼは

シロアリの卵のようなもので

Ⅰ型とⅡ型の2種類があります。

 

両型とも5αリダクターゼと男性ホルモンが

結び付きDHTになり、シロアリに成長します。

 

このDHTがAGAの原因です。

 

AGA治療は5αリダクターゼを減らし

シロアリの卵のようなものを抑制します。

 

抑制する薬の成分は2種類あり

・フィナステリド

・デュタステリド

この2種類がありますが。

 

フィナステリドはⅡ型のみ抑制

デュタステリドは両型を抑制

 

一方でミノキシジルは柱の補強で

シロアリを駆除した状態でないと

結局新しい柱も蝕まれます。

 

したがって

5αリダクターゼ抑制の薬と一緒に

飲むのがAGA治療では一般的です。

 

最後に…! のちゃんのAGA治療前後の写真比較!

 

AGA治療開始前と現在のM部分比較です。

untiaga.wpblogから使ってる写真です。

 

この結果から、アテシは飲んでよかったです!

といっても医薬品になりますので使用には

十分注意して下さい検討をしてください!

 

本日2020年7月31日に写真をとりました。

現在完全な剛毛になっています…。

comingsoon
comingsoon
comingsoon

 

 

いかがでしたか?

前回はフォリックスによるミノキシジルの

記事を書きましたが今回はもっと重要な

5α(アルファ)リダクターゼについて

徹底的に掘り下げたつもりです。

 

アテシはAGA治療して本当に良かった!

本当に気持ちが楽になりますから…。

 

最後にリンクを貼っておきます!

 

 

 

以上、のちゃん(@nochan30club)でした。

また見てくださいね!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事