【ファッション】大きなブカブカローファーを調節する【革靴】

皆様 こんにちは、こんばんは。

のちゃん(@nochan30club)です。

 

のちゃんは意外と靴が好き。

ジョンロブとかベルルッティとか

そういうのはさすがに買えないけど

結構、靴には課金しています。

 

仕事の靴はノーカウントでアテシは

MBT,スニーカー,ローファー 2足

自分でパティーヌした靴,フォーマル用

6足の靴を持っています。

 

現在はスニーカーが完全に履き潰し

パティーヌした靴はソール交換予定

MBTシューズは激臭で履きたくない※

フォーマル用はかっちりしたときのみ。

※ツイッターでつぶやいたMBTシューズ

もう一年くらい使えるそうです。

 

こんな感じで、いま履いている靴は

真冬なのにローファー2足という状態

しかしながら、うち一足は難ありです。

 

その難といえば…。

 

ローファーが大きくてパカパカする。

 

なので、歩きにくくてちょっと嫌なので

今回はローファーのパカパカを調節します。

今回は毒を履きながらブログを書いてます。

パカパカするルイヴィトンのローファー

今回の患者はアテチ一番のお気に入り!

ダミエのローファーなのですが…。

このアイテムが実に履きにくいのです。

 

正確に言えば、ソールが革製品故に

最初はピッタリだった状態が

 

ソールが沈み足に馴染んだ結果

ワンサイズ大きくなってしまった。

 

本当に試し履きしたときはぴったりで

アテチに買ってくれ!と言わんばかり。

 

しかし、アッパーはPVCレザーであっても

ソールはレザーであるために多少沈み込み

その結果、パカパカしてしまいました。

 

歩くと脱げそうなレベル!

 

でもレザー製のローファーあるあるらしい。

つまり、なるべくしてなったという感じです。

 

タンパットを買ったけどダメだった。

この商品、結構良さそうだと思って購入。

しかし、一部分だけ盛り上がってしまい

変に靴にシワができてしまいました。

 

インソールも入れてみたのですが残念ながら

カカトが浅くなり余計に脱げやすくなりました。

よってアッパー全体と足の隙間を埋めることが

ベストだと考えて、良さそうな商品を探しました。

 

とは言っても、けっしてこの商品が悪い!

というわけではなくて、アテチの症状としては

甲全体を貼れる!そんなパットが最もマッチ

というだけの話でございます。

 

ダイソーで見つけた!

https://trilltrill.jp/articles/1855835 様から画像を引用しました。

 

今回買ったのが、ダイソーで見つけたこのパット!

かかとをつつむパット という商品をつかいます。

 

これなら、アッパーの内側、を広い範囲で

カカトとの隙間を減らすことが出来ます。

 

結果は大満足!!

めんどくさくて写真は貼りませんが

入れた結果はもう大満足ですよあなた!!!!

まぁちょっとハサミでカットする必要あるけど

 

そんなの入れて10秒描いて10秒カット10秒!

ちゃっちゃかちゃっちゃかやってしまえば良いんです。

見えないところですし、ぴったりすぎると

今度はめくれやすくなるので、気持ち小さめです。

 

とんでもなく良いフィット感でして

ローファーなのに多分走れます!!

余談!ブランド品は叩かれる。

最近はブランド物ってのは叩かれる傾向ですけど

デザイナーの仕事を冒涜してる気がします。

 

でもこれの原因はおそらくは

ミニマリストのインフルエンサー。

意識高いビジネス系youtuber。

インフォプレナーの発信。

 

これらが圧倒的に広まったこともですが

 

そもそも賃金が安いことも大きいです。

のちゃんも実はブランド品は嫌いでした。

なぜなら買えないから妬んでました。

 

しかし、買えるようになっていざ買うと

ええやん…。となるわけです。

ちなみに、のちゃんの知ってるお金持ちは

全員何かしらのブランド品を持っています。

 

不動産をたくさん持ってたり。

なんか温泉もってたり。

ビジネスやってたりする人。

 

ブランド品を持ってない人を逆にしりません。

 

お金持ちはブランド品を持ってないって

ツイッターではしょっちゅう言われてました。

しかしそんなの嘘です。みんな持ってます。

 

お金持ちは!

 

それで、大体そういうこと書いてる人ほど

「私の情報を実践すればせどりがうまく~」

「こういう情報に投資するほうが~」

といってnoteを売ってるわけです。

 

そこからブランドたたきが目立ちました。

 

自分は好きじゃないなくらいでいいのに

「ダサい」「着てる人センスない」とか

人格否定までされるほどにまでw

 

いやいや、そういうことを思うほうが

「ダサい」「デザインセンスない」と思います。

 

今回出てきたルイヴィトンを例に出しましょう。

いわゆるあの超有名なモノグラムデザインは

家紋と十字架から生まれたロゴとテレビで言ってました。

 

まぁ家紋は基本オープンにするものではないので

ダサいもクソもないかもしれません。

 

しかし、ヴィトンやらシャネルやらのブランドロゴは

商売で、お客様からお金をもらっている立場です。

ダサいと言っている貴方は、何十年や百年に渡る普遍的で

汎用的なロゴや柄をデザインできるんですか?

 

そしてそれを何十年、そして百何年も売れ続ける

そんなロゴをデザインして販売できるんですか?

という話になるわけです。

 

 

なぜこの靴を買ったのか。

こんなこと書いてるけど、実はのちゃん

もともとアンチブランド品でした。

 

買えなかったときは本当にアンチ。

まさに、私の情報買え系インフォプレナーや

私のとおりやればお金持ちになれる系と

おんなじようなことを言ってました。

 

この靴を買った経緯は至ってシンプルですw

姉からもらったダミエのスピーディから

ダミエをゆっくりと揃えていくかぁ…。

といった感じでベルト→靴と買いました。

 

 

ベルトはメルカリで12000円で

なかなか状態が良いモノを購入。

もちろん領収書のコピーつきです。

捨てたけどw

 

この靴は、3年くらい前に頭金7万円だして

残り3年ローンで購入しました。

たしか1500円を3年かけて返済www

 

とは言え、頭金が多かったため

金利よりも値上がりのほうが高くて

損はしてないです。

 

カバン ベルト 靴がダミエになると

統一感が増しておしゃれに見えます。

 

そういう人ほどベルトと靴の色が違う。

ファッション誌におぼれている。

極端なミニマリストを崇拝者

サロンやってるインフルエンサーを崇拝。

 

この4つのうちのどれかなので

気にしないようにしています。

 

しかしまぁ、例外は一つだけ

本当にリアルに極端なミニマリストさん。

こういう人は買うお金があるけど

お金ありすぎてどうでも良い人です。

 

でもこういう人もなんだかんだ

オーダーシャツだったり

エルメスのバッグを持ってたりします。

 

さて、お金持ちは本当にブランド品持ってないんですか?

おすすめの記事